本文へスキップ

地震や火災等の災害用備蓄品や非常持ち出し品の準備に

広告上区切り線 広告下区切り線

消火器などFire fighting equipment

災害時に役立つ消火器など

被災後に起こる火災の危険を減少するため、最適な消火アイテムをお薦めします。

災害時に灯油ストーブが転倒したり調理中の鍋から油がこぼれて引火したり、あるいは電気系統のショートなどが原因で起こる火災は最も警戒しなければなりません。しかし、どんなに用心したからといって絶対に予防できるものではありません。万一火災が発生した場合、特に災害時には消防署からの消火活動は当てに出来ませんので、各家庭で出来得る限りの消火活動を可能にするアイテムをご紹介します。


粉末ABC消火器

 選定条件  選定商品  注目商品
 
  • いざという時に安心の一流メーカー製
  • 使用期限の長い業務用がおすすめ   標準使用期限は10年
  • 最も汎用性が高くて普及しているABC粉末消火器
コストパフォーマンスが高い蓄圧式の10型タイプ
持ち運びのし易い蓄圧式4型タイプ
消火器画像

家庭の消火器として最も一般的なのがこの粉末ABC消火器。普通火災(A)、油火災(B)、電気火災(C)に対応する消火器で、中でも粉末加圧式が主流となっています。という事は価格的にも最もこなれている訳ですので実勢価格は大変お求め易くなっています。
サイズは消火剤の容量によって4型、5型などがありますがコストパフォーマンスが高いのは10型。
ところで、現在主流の加圧式に対して最近推奨されているのが蓄圧式消火器です。破裂に対するリスクが少ない、子供や女性等の弱い力でも操作できる、放射と停止が自由にコントロール出来る等のメリットがあり、今後はこちらの方が主流になる見通しです。


スプレー型消火具

 選定条件  選定商品  注目商品
 
  • 手軽で操作が簡単
  • 使用後の室内清掃が容易
  • 安全性が高い
とにかく手軽に使用できる
保証期限:製造後3年
水系薬剤は安心なうえ、後片づけも簡単
保証期限:製造後3年間
使用写真

消火活動で最も重要な事は初期消火です。
このスプレー型の消火具は消防法に定められた消火器に比べれば性能は劣りますが、何よりも手軽にサッと操作できるので初期消火に威力を発揮します。
使用期限がありますから、定期的な交換を忘れないようにしましょう。古いものは破裂する危険もありますのでメーカー推奨の廃棄方法により処分する必要があります。


投てき型消火用具

 選定条件  選定商品  注目商品
 
  • 投げるだけの超簡単動作で初期消火
  • 地震などで落下して万一割れても人体に無害
投てき型消火用品。鍋に入れるだけで消火できる天ぷら火災用消火用具も入ったセットです。
動画でも確認できます。
簡単、安全、消火効果、3拍子そろった消火用具。
詳しくはメーカー公式ページでご覧下さい。
使用写真

子供やお年寄りでも簡単に消火活動できるように考えだされたのがこの投てきタイプの消火具です。
これなら火元に向かって投げるだけですので、確かに最も簡単な動作に違いありません。
子供やお年寄りだけで留守番している時に火災がおきたらなどと考えると、是非とも準備しておきたい気がします。
投げる人のコントロールが悪いと完全消火に至らない場合も有りますので、できれば複数個を用意したいものです。


トップに戻るボタン



広告上の区切り線