本文へスキップ

地震や火災等の災害用備蓄品や非常持ち出し品の準備に

広告上区切り線 広告下区切り線

ウォーターサーバーWater server

ウォーターサーバー

飲料水の備蓄には、ペットボトルの代わりにウォーターサーバーという手もあります。

災害時の飲料水については本サイトの「水について」で述べているように、ペットボトルをローリングストック法により備蓄するのが最も一般的で経済的な方法だと思います。
しかし、実際には2Lのペットボトルを上手に回転しながら備蓄するというのは仲々大変な作業でも有るのです。
新期購入品と在庫品の入れ替え作業が重くて大変なことや、空になった大きなペットボトルの廃棄処分、そして冷蔵庫保管時の小さな容器への詰め替え手間の煩わしさなどがその理由です。
そんな問題を解消してくれるのが「ウォーターサーバー」。
ペットボトル備蓄よりコスト高にはなりますが、下記に述べるような日常使いでのメリットも多い訳で、一考に値するサービスに間違い有りません。





ウォーターサーバーが備蓄に向く3つの理由

ウォーターサーバーが備蓄に向いている理由が3つあります。
  • 普段使いしていれば、特に備蓄を意識していなくでも、知らぬ間に水の備蓄がされています。
  • 配達されてくる水は常に最新の物ですから、賞味期限や保存期間を気にする必要がありません。
  • 輸送経路さえ確保されれば、被災顧客への配送は優先して行われると期待できます。



日常使いにおける3つのメリット

ウォーターサーバーは備蓄目的以外に、以下の様な日常使いでのメリットを享受できます。
  • すぐに冷たい水(約5℃)が出るので、冷蔵庫で冷やしておく必要がありません。
  • お茶やコーヒー、或いはミルクを作るときなど、いつでもお湯(約85℃)が使えます。
  • ポットなどの重い容器を持ち上げて注がずとも、レバーコックを操作するだけの簡単注水です。

l>


では、ウォーターサーバーのコストは?

備蓄目的以外にもいろいろとメリットのあるウォーターサーバーですが、それでは一体いくら位のコストがかかるのでしょう。
ペットボトル備蓄と比べると分かりやすいと思いますが、一般的なペットボトル飲料水は2Lサイズ6本入りの箱(合計12L入り)で市販価格は500円程度かと思われます。
ウォーターサーバーの場合は取り扱いメーカーによりかなりのバラつきが有りますが、一番安価だと思われるアルピナウォーター の場合は12Lのボトルで1,000円程度ですので、ほぼ2倍の水単価という事になります。
「アルピナウォーター」の場合はこれにサーバーのレンタル料金(月額600円程度)が加わりますので、毎月24L 使う家庭の場合は、ペットボトルなら1,000円、ウォーターサーバーなら2,600円程度と言うことになります。
(サーバーレンタル料金無料というメーカーもありますが、その分水単価が高くなります)



災害備蓄に向いているウォーターサーバーの条件は

一口にウォーターサーバーと言っても、最近ではいろいろなメーカーが林立してきて、どこが良いのかを決めるにの悩んでしまう程になりました。 ここでは、災害備蓄に向くウォーターサーバーという事で必要な条件を挙げてみましょう。

1:水の単価が安いこと
 水の質やサーバーのデザインに付加価値をつけて高額になっているものもありますが、安定して必要な
 量の備蓄をするためには、やはり水単価が安いにこしたことは有りません。
2: 停電時においても、そのままサーバーが利用できること
 災害後の停電時においては、冷水や温水を作っているサーバーの冷暖機能はストップしますが
 一部のサーバーでは注水にポンプを使用しており、停電時に注水できなくなります。
 備蓄を主に考える場合は、そういうタイプは避けてた方がよいでしょう。 
3:水の注文ノルマが無いこと  
 水の利用量は毎月一定とは限りません。備蓄量を計算しながら、月毎に注文数が変化するのが当然です。
 しかし、多くのメーカー(サーバーのレンタル料を無料にしている所が多い)では月毎のノルマを設定し ているのが実情です。できるだけ注文ノルマのないメーカーを選びたいものです。


条件を満たすのは「アルピナウォーター」か

アルピナウォーター

アルピナウォーターの特長は、何と言ってもその経済性です。

他メーカーの1リットル当たり単価が100円を超えている中、79円/L(税別)は大変魅力的です。

確かに初期費用や毎月のサーバーレンタル料金はかかりますが、本来ならば、それこそが当たり前の料金設定です。
そういうものが無料というメーカーの場合は、結局それを水の価格に上乗せしているだけですから、考え方によっては、こちらの方が余程リーズナブルだと思います。

右の図は、標準的な世帯での使用量を元に月額料金を算定していますが、水を何に使うかによって、使用量は大きく変わってきます。
極端な場合、その月は一本も使わないという事もあるでしょう。
アルピナウォーターではその場合でも、サーバーレンタル料金(税別572円)だけで済ますことができます。

アルピナウォーターの三つのメリット

  • とにかく安い水単価
  • 毎月のサーバーレンタル料を払っているので、水の購入ノルマが無い。つまり全く水を購入しなければ月額600円程度のみOK
  • 2年に1回、サーバー本体を丸ごと交換してくれる

アルピナウォーターのボトルは基本的には12Lサイズです。
この他に18.9Lも有りますが、これはほどんどが法人用で一般家庭では大き過ぎるでしょう。
一般家庭では逆に12Lでも重すぎるとお思いの方も多いようです。特にお年寄りや女性の方ではボトルの持ち運びや設置が大変かもしれません。
そんなご要望が多かったのか、小型の8Lサイズも発売されています。
詳しくは下記をご参照下さい。


トップに戻るボタン



広告上の区切り線