文字コード掲示板


一括購読


No.479投稿日時:2008/09/18(木) 09:03    <親記事>
投稿者:opengl2772  <E-Mail>  <URL>

EUC-JIS-2004, Shift_JIS-2004, ISO-2022-JP-2004 について

GNU libiconv で configure 時に --enable-extra-encodings を付けると、EUC-JISX0213, Shift_JISX0213, ISO-2022-JP-3 が利用できるようになります。

現在では、それぞれ EUC-JIS-2004, Shift_JIS-2004, ISO-2022-JP-2004 という名前で扱えた方が便利かと思いますので、従来の日本語パッチにこれらのエリアスも追加されてはいかがでしょう。

UCS互換漢字10文字の有無の違いがあるので新たに10文字追加の必要はあるかもしれません。

しかし、EUC-JISX0213 と EUC-JIS-2004 等の区別まで必要はないでしょうから、10文字追加した EUC-JIS-2004, Shift_JIS-2004, ISO-2022-JP-2004 のそれぞれのエリアスを EUC-JISX0213, Shift_JISX0213, ISO-2022-JP-3 とするだけで十分かと思います。

GNU libiconv のソースを熟知されている森山さんなら、おそらくこの修正はそれほど難しいものではないのではないかと思いますので、お暇な時に対応ということで、ご検討いただければ幸いです。

私の方でもパッチを考えてはみますが...。

[ 記事一覧 | 返信(R) | 引用して返信(Q) ]


No.480投稿日時:2008/09/18(木) 09:59    <↑親記事:No.479>
投稿者:opengl2772  <E-Mail>

> UCS互換漢字10文字の有...

> UCS互換漢字10文字の有無の違いがあるので新たに10文字追加の必要はあるかもしれません。

2004-07-31 の修正で
Update to JISX 0213 plane 1 to 2004 version (ISO-IR-233).
* tools/Makefile (jisx0213.h): Bump version number.
* tools/JISX0213.TXT: Change mappings U+2015 -> U+2014,
U+2299 -> U+29BF, and add 10 new characters.
とあるので、その必要はなさそうでした。
(EUC-JISX0213, Shift_JISX0213, ISO-2022-JP-3 は、実質 EUC-JIS-2004, Shift_JIS-2004, ISO-2022-JP-2004 のようです。)

EUC-JIS-2004, Shift_JIS-2004, ISO-2022-JP-2004 に名前を変えて、それぞれのエリアスにEUC-JISX0213, Shift_JISX0213, ISO-2022-JP-3を追加するということだけで良さそうです。

[ 記事一覧 | 返信(R) | 引用して返信(Q) ]


No.481投稿日時:2008/09/19(金) 07:11    <↑親記事:No.480>
投稿者:森山 将之

*-2004 を追加しました。

SHIFT_JIS-2004, EUC-JIS-2004, ISO-2022-JP-2004 をそれぞれエイリアスとして追加しました。

libiconv-1.12-ja-4.patch.gz
http://www2d.biglobe.ne.jp/~msyk/software/libiconv-1.12-ja-patch.html

$ /opt/libiconv/bin/iconv -l | grep -- -2004
EUC-JIS-2004 EUC-JISX0213
SHIFT_JIS-2004 SHIFT_JISX0213
ISO-2022-JP-2004 ISO-2022-JP-3
$ printf "\x87\x40" | /opt/libiconv/bin/iconv -f shift_jis-2004 -t utf-16le | od -tx2
0000000 2460
0000002
$ printf "\x87\x40" | /opt/libiconv/bin/iconv -f shift_jis-2004 -t euc-jis-2004 | od -tx1
0000000 ad a1
0000002
$ printf "\x87\x40" | /opt/libiconv/bin/iconv -f shift_jis-2004 -t iso-2022-jp-2004 | od -tx1
0000000 1b 24 28 51 2d 21 1b 28 42
0000011

[ 記事一覧 | 返信(R) | 引用して返信(Q) ]


No.482投稿日時:2008/09/20(土) 01:58    <↑親記事:No.481>
投稿者:opengl2772  <E-Mail>

JIS-2004 エイリアス

> SHIFT_JIS-2004, EUC-JIS-2004, ISO-2022-JP-2004 をそれぞれエイリアスとして追加しました。

早々の対応ありがとうございます。
正常動作することを確認しました。

[ 記事一覧 | 返信(R) | 引用して返信(Q) ]


No.483投稿日時:2008/09/22(月) 07:52    <↑親記事:No.482>
投稿者:opengl2772  <E-Mail>

パッチが採用

> > SHIFT_JIS-2004, EUC-JIS-2004, ISO-2022-JP-2004 をそれぞれエイリアスとして追加しました。

このパッチは本家で採用していただけたようです。

Due to the x0213.org reference, I have applied your patch with this ChangeLog
entry:

* lib/encodings_extra.def: Add aliases for EUC-JISX0213, SHIFT_JISX0213,
ISO-2022-JP-2004, found on <http://x0213.org/codetable/index.en.html>.

(EUC-JISX0213, SHIFT_JISX0213 は EUC-JIS-2004, SHIFT_JIS-2004 の間違いでしょう。)

森山さんには申し訳ないですが、報告者の私の名前が使われたかもしれません。(ちょっと失敗)


Thank you for reporting this. Before I add aliases to libiconv, I need a good reason, or a normative reference.

パッチの採用には、(予想していましたが)根拠となる英文の引用規格が必要ということです。
日本語エンコー

[ 記事一覧 | 返信(R) | 引用して返信(Q) ]


Script : Sylpheed 1.24
Modified by MORIYAMA Masayuki